キャスパー・ルード
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は9日、シングルス2回戦が行われ、第6シードのC・ルード(ノルウェー)が世界ランク85位のR・カルバレス バエナ(スペイン)を6-1,6-2のストレートで破り、初戦突破を果たした。

>>西岡 良仁、エヴァンスら BNPパリバOP組み合わせ<<

>>プリスコバら BNPパリバOP組み合わせ<<

前週のサンディエゴ・オープン(アメリカ/サンディエゴ、ハード、ATP250)で優勝し、今季5勝目を挙げていたルード。

シード勢は1回戦免除のため初戦となったこの試合ではファーストサービスが入った時に81パーセントの高い確率でポイントを獲得。カルバレス バエナに1度もブレークを許さず。リターンゲームでは4度のブレークに成功し、1時間11分で勝利した。

勝利したルードは3回戦で第26シードのL・ハリス(南アフリカ)と対戦する。ハリスは2回戦で第28シードのD・ラヨビッチ(セルビア)を6-2, 6-3のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には、第1シードのD・メドベージェフ(ロシア)、第4シードのA・ルブレフ(ロシア)、第8シードのH・フルカチュ(ポーランド)、第9シードのD・シャポバロフ(カナダ)、第11シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)らが3回戦へ駒を進めた。

一方で、世界ランク53位の錦織圭、同123位のダニエル太郎の日本人2選手は2回戦敗退となった。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>