マッテオ・ベレッティーニ
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は10日、男子シングルス2回戦が行われ、第5シードのM・ベレッティーニ(イタリア)が世界ランク184位のA・タビロ(チリ)を6-4, 7-5のストレートで下し、3回戦へ進出した。

>>西岡 良仁、エヴァンスら BNPパリバOP組み合わせ<<

>>西岡vsイズナー 1ポイント速報<<

7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で四大大会初の決勝進出を果たしたベレッティーニはこの試合、11本のサービスエースを放つなどしてファーストサービスが入ったときに83パーセントの高い確率でポイントを獲得。1時間30分で勝利した。

3回戦では第31シードのT・フリッツ(アメリカ)と対戦する。フリッツは2回戦で世界ランク79位のB・ナカシマ(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

ベレッティーニは11月14日に開幕するNitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)の出場権をかけたランキングで現在6位となっている。2019年のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)では最終戦初出場を果たし、2年ぶり2度目の参加を狙っている。

男子プロテニス協会のATP公式サイトでベレッティーニのコメントを掲載し「最終戦に出ることは一年の締めくくりに本当に良いことだと思う。年が明けたときには出場への期待してなかったけど、今はいい位置にいる」と語った。

「僕はロンドンにも行ったことがあり、その素晴らしさを知っている。イタリアで開催されることは、僕にとっても、観客にとっても、そしてテニス全体にとっても素晴らしいことだと思う」

現在は最終戦出場選手8人のうちN・ジョコビッチ(セルビア)、D・メドベージェフ(ロシア)、S・チチパス(ギリシャ)、A・ズベレフ(ドイツ)の4選手が切符を手にしている。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>