アンディ・マレー
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は10日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク121位のA・マレー(イギリス)が第30シードのC・アルカラス(スペイン)を5-7, 6-3, 6-2の逆転で下し、3回戦進出を果たした。

>>スべレフ、マレーら BNPパリバOP組み合わせ<<

>>西岡vsイズナー 1ポイント速報<<

2009年の同大会で準優勝を飾ったマレーはこの試合、ファーストサービスが入った時に67パーセントの確率でポイントを獲得。リターンゲームでは4度のブレークに成功し、3時間3分の死闘を制した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにマレーのコメントを掲載し「もちろん、うれしいね。今日は全米オープンのときのように体がよく動いてくれた。とても暑くて、難しいコンディションだった。ここのコートの性質上、彼のような選手とは長いラリーを戦うことになるだろうと思っていた」と語った。

「僕のベストではなかったけど、とてもいいテニスができた。まだまだできることはある。だけど、今日はよく戦ったと思う。それが僕にとって一番うれしいことだね」

勝利したマレーは3回戦では第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。ズベレフは2回戦で世界ランク79位のJ・ブルックスビー(アメリカ)を6-4, 3-6, 6-1のフルセットで下しての勝ち上がり。

ズベレフについてマレーは「彼は明らかにトッププレーヤー。ウィンブルドンの後、東京オリンピックでいい夏を過ごし、全米オープンでも大活躍した。N・ジョコビッチ(セルビア)とタフな試合をしたからね。(ズベレフとの対戦は)僕にとっては簡単なことではない。彼とは過去に何度かすごい試合をしている。本当にいいプレーをしなければならないね」と述べた。

同日の2回戦では第2シードのS・チチパス(ギリシャ)、第5シードのM・ベレッティーニ(イタリア)、第10シードのJ・シナー(イタリア)らが3回戦へ駒を進めた。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>