アンジェリーク・ケルバー
画像提供:ゲッティ イメージズ

女子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)は11日、シングルス3回戦が行われ、第10シードのA・ケルバー(ドイツ)が第20シードのD・カサトキナ(ロシア)を6-2,1-6, 6-4のフルセットで破り、2019年以来2年ぶり6度目のベスト16進出を果たした。

>>マレーvsズベレフ 1ポイント速報<<

>>プリスコバら BNPパリバOP組み合わせ<<

2019年の同大会で準優勝を果たしているケルバーはこの試合、第2・第8ゲームでブレークに成功し第1セットを先取。第2セットでは、4度のブレークを許し、セットカウント1−1に追いつかれるも、ファイナルセットではカサトキナから3度のブレークに成功し、1時間47分で勝利した。

女子テニス協会のWTA公式サイトでケルバーのコメント掲載し「カサトキナとの対戦はいつもタフ。これまで何度も試合をしてきたけど、今日は私にとってジェットコースターのような試合だった。第1セットはとても良いプレーができたし、第2セットは彼女が良いプレーをしてくれたから精神的な強さを保ち、1ポイントずつプレーすることだけを考えていた」と語った。

「最後は1点、2点で勝負が決まる段階だったから、乗り切れてよかった。気分はいい。また良いテニスができるように、できる限りのことをやっていきたいと思っている」

4回戦では世界ランク47位のA・トムヤノヴィッツ(オーストラリア)と対戦する。トムヤノヴィッツは3回戦で第26シードのT・ジダンセク(スロベニア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の3回戦では、第3シードのB・クレチコバ(チェコ)、第12シードのO・ジャバー(チュニジア)、第18シードのA・コンタベイト(エストニア)、第21シードのP・バドサ(スペイン)らが4回戦へ駒を進めた。一方で、第1シードのKa・プリスコバ(チェコ)、第15シードのC・ガウフ(アメリカ)、第16シードのB・アンドレースク(カナダ)、第22シードのD・コリンズ(アメリカ)らは3回戦で姿を消した。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)

WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>