全米OPの西岡良仁
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのサンクトペテルブルク・オープン(ロシア/サンクトペテルブルク、室内ハード、ATP250)は25日、予選決勝が行われ、第6シードの西岡良仁が第4シードのM・キツマノビッチ(セルビア)を6-3, 4-6, 6-2のフルセットで破り、本戦出場を果たした。

>>【YouTube】近畿大学に潜入、強さの秘密とは?! 松田龍樹や田口涼太郎らに独占インタビュー<<

第1セット、第1ゲームでブレークに成功した西岡はファーストサービスが入った時に76パーセントの確率でポイントを獲得。1度もブレークチャンスを与えずに先行する。第2セットでも先にブレークに成功したが、キツマノビッチに2度のブレークを許しセットカウント1−1に追いつかれる。迎えたファイナルセットでは西岡が第5ゲームから4ゲーム連取に成功し、1時間53分で勝利した。

今大会本戦の第1シードはA・ルブレフ(ロシア)、第2シードはD・シャポバロフ(カナダ)、第3シードはR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第4シードはA・カラツェフ(ロシア)、第5シードはT・フリッツ(アメリカ)、第6シードはK・ハチャノフ(ロシア)、第7シードはA・ブブリク(カザフスタン)、第8シードはS・コルダ(アメリカ)。

[PR] 男子テニスATPツアー500 ウィーン
10/25(月)〜10/31(日)

WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>