全米OPのノヴァーク・ジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

11月1日に開幕するロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は30日、男子シングルスの組み合わせを発表し、第1シードで出場する世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)は同36位のF・フォニーニ(イタリア)と同39位のM・フチョビッチ(ハンガリー)の勝者と初戦で対戦することとなった。

>>ジョコビッチら パリ・マスターズ組み合わせ<<

>>【YouTube】近畿大学に潜入、強さの秘密とは?! 松田龍樹や田口涼太郎らに独占インタビュー<<

9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)決勝で世界ランク2位のD・メドベージェフ(ロシア)に4-6,4-6,4-6のストレートで敗れて以降、ツアー大会に出場していなかったジョコビッチ。

今大会で15回目の出場で過去に5度の優勝を果たしている。2020年大会は新型コロナウイルスで中止となったが、2019年大会では優勝を果たし、2018年大会では準優勝を果たしている。

日本勢では世界ランク82位の西岡良仁は予選に出場しており、1回戦で予選第7シードのB・ボンズィ(フランス)と対戦する。一方で、錦織圭は現在行われているエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)に続いて欠場となった。

今大会のシードは以下の通り。(第8シードまでは1回戦免除のため、2回戦からの登場)

第1シード:N・ジョコビッチ
第2シード:D・メドベージェフ
第3シード:S・チチパス(ギリシャ)
第4シード:A・ズベレフ(ドイツ)
第5シード:A・ルブレフ(ロシア)
第6シード:C・ルード(ノルウェー)
第7シード:H・フルカチュ(ポーランド)
第8シード:J・シナー(イタリア)
第9シード:F・オジェ アリアシム(カナダ)
第10シード:C・ノリー(イギリス)
第11シード:D・シュワルツマン(アルゼンチン)
第12シード:P・カレノ=ブスタ(スペイン)
第13シード:A・カラツェフ(ロシア)
第14シード:R・バウティスタ=アグ(スペイン)
第15シード:G・モンフィス(フランス)
第16シード:G・ディミトロフ(ブルガリア)

[PR]男子テニスATPツアー500 ウィーン
10/25(月)〜10/31(日)

男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ
11/1(月)〜11/7(日)

WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>