アレクサンダー・ズベレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)は10月31日、決勝が行われ、第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)が世界ランク49位のF・ティアフォー(アメリカ)を7-5, 6-4のストレートで下して大会初優勝を飾り、今季5勝目、ツアー18勝目をあげた。

>>ジョコビッチら パリ・マスターズ組み合わせ<<

>>【YouTube】近畿大学に潜入、強さの秘密とは?! 松田龍樹や田口涼太郎らに独占インタビュー<<

ズベレフは決勝戦、19本のサービスエースを放つなどしてファーストサービスが入ったときに80パーセントの高い確率でポイントを獲得。予選から決勝へ勝ち上がったティアフォーから3度ブレークし、1時間35分でタイトルを獲得した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでズべレフのコメントを掲載し「ティアフォーは僕がやりたかったプレーをさせてはくれなかったが、なんとか勝つことができて、とてもうれしい。すごくいい日だよ」と喜びを語った。

今シーズンで5勝目をあげたズベレフは7月の東京オリンピック(日本/東京、ハード)、8月のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)に続く大会制覇となった。

「オリンピックからすごく自信がついたと思う。どんなタイトルにも手が届く実力があると確信できた。今週のプレーはとてもよかったし、ここからさらに続けて勝っていきたい」

一方敗れたティアフォーは2018年のデルレイビーチ・オープン(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、ATP250)以来となるツアータイトルとはならなかった。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ
11/1(月)〜11/7(日)

WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>