西岡良仁
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は10月31日に男子シングルス予選決勝が行われ、西岡良仁は第9シードのG・マジェル(イタリア)に6-3, 1-6, 2-6の逆転で敗れ、3年連続3度目の本戦出場とはならなかった。

>>ジョコビッチら パリ・マスターズ組み合わせ<<

>>【YouTube】近畿大学に潜入、強さの秘密とは?! 松田龍樹や田口涼太郎らに独占インタビュー<<

西岡はこの試合、ファーストサービスが入ったときのポイント獲得率を68パーセントとする。第1セットを先取するも、第2・ファイナルセットではマジェルからブレークを奪うことができず、1時間45分で力尽きた。

勝利したマジェルは本戦1回戦で、第9シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)と対戦する。

今大会本戦の第1シードはN・ジョコビッチ(セルビア)、第2シードはD・メドベージェフ(ロシア)、第3シードはS・チチパス(ギリシャ)、第4シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第5シードはA・ルブレフ(ロシア)、第6シードはC・ルード(ノルウェー)、第7シードはH・フルカチュ(ポーランド)、第8シードはJ・シナー(イタリア)。上位8シードは1回戦免除のため、2回戦からの登場。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ
11/1(月)〜11/7(日)

WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>