セバスチャン・コルダ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は1日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク39位のS・コルダ(アメリカ)が第13シードのA・カラツェフ(ロシア)を6-2, 6-7 (9-11), 7-6 (7-5)のフルセットで破り、初戦を突破した。

>>ジョコビッチら パリ・マスターズ組み合わせ<<

>>【YouTube】近畿大学に潜入、強さの秘密とは?! 松田龍樹や田口涼太郎らに独占インタビュー<<

元世界ランク2位のP・コルダ(チェコ)を父に持つセバスチャン・コルダはこの試合、11本のサービスエースを放つなどしてファーストサービスが入ったときに79パーセントの確率でポイントを獲得する。10月のVTBクレムリン・カップ(ロシア/モスクワ、室内ハード、ATP250)で優勝したカラツェフを2時間52分で退けた。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでコルダのコメントを掲載し「この試合が最後まで難しいものになることは予想できていた。パリの観客の前でプレーできてすごく楽しかったし、とても盛り上がったよ」と振り返った。

2回戦では世界ランク28位のM・チリッチ(クロアチア)と同45位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)の勝者と対戦する。

21歳のコルダは9日から開幕する21歳以下最終戦 ネクスト・ジェネレーションATPファイナルズ(イタリア/ミラン、室内ハード)の出場権を獲得している。

同日の1回戦では第10シードのC・ノリー(イギリス)、世界ランク34位のD・ラヨビッチ(セルビア)、同36位のA・ブブリク(カザフスタン)、同67位のL・ムセッティ(イタリア)らが2回戦へ進出した。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ
11/1(月)〜11/7(日)

WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>