8強入りのメドべージェフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は4日、シングルス3回戦が行われ、第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)が世界ランク39位のS・コルダ(アメリカ)を4-6, 6-1, 6-3の逆転で破り、ベスト8進出を決めた。

>>ジョコビッチら パリ・マスターズ組み合わせ<<

>>【YouTube】日本大学の全部員インタビュー、1部復帰 さらに王座優勝を目指す<<

世界ランク2位のメドベージェフだが、序盤はコルダ相手に苦戦し第1セットを先取される。それでも、第2セットでは息を吹き返し、ファーストサービスが入ったときに92パーセントの高い確率でポイントを獲得。3度のサービスエースも決めて、勝負はファイナルセットへ。第3セットでは6度のブレークチャンスを掴み、3度のブレークに成功。1時間49分で試合を制している。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでメドベージェフのコメントを掲載し「第1セットは、余裕があったのにブレークできず、彼に逆転されてしまったので厳しかった。でも、落ち着いて自分のレベルを保つことができて、それが今日の勝利につながったよ」と語った。

勝利したメドベージェフは、準々決勝で世界ランク103位のH・ガストン(フランス)と対戦。21歳のガストンは3回戦でC・アルカラス(スペイン)を6-4, 7-5のストレートで下しての勝ち上がり。
同日には第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第6シードのC・ルード(ノルウェー)、第7シードのH・フルカチュ(ポーランド)、世界ランク26位のT・フリッツ(アメリカ)、同55位のJ・ダックワース(オーストラリア)が8強入りを決めた。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ
11/1(月)〜11/7(日)

WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>