ベスト4進出を決めたメドベージェフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は5日、準々決勝が行われ、第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)が世界ランク103位のH・ガストン(フランス)を7-6(9-7), 6-4のストレートで破り、ベスト4進出を決めた。

>>ジョコビッチら パリ・マスターズ組み合わせ<<

>>【YouTube】日本大学の全部員インタビュー、1部復帰 さらに王座優勝を目指す<<

第1セット、7本のサービスエースを決めたメドベージェフはタイブレークの末に先取する。続く第2セットではファーストサーブが入ったときに75パーセントの確率でポイントを獲得し、6本のサービスエースを成功させた。リターンゲームでは4本のブレークチャンスを掴んで、2度のブレークに成功。地元ファンに後押しされるガストンとの一戦を1時間45分で制している。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでメドベージェフのコメントを掲載し「(雰囲気が)自分に不利なときは、それに立ち向かわなければならない。何があっても勝つために努力しなければならない。間違いなくハイレベルな試合だった。準決勝はタフな戦いになるだろう」と語った。

勝利したメドベージェフは、準決勝で第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。世界ランク4位のズベレフは準々決勝で第6シードのC・ルード(ノルウェー)を7-5, 6-4のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第7シードのH・フルカチュ(ポーランド)が4強入りを決めている。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ
11/1(月)〜11/7(日)

WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>