エルステ・バンクOPのシナー
画像提供:ゲッティイメージズ

7日に開幕する男子テニスのストックホルム・オープン(スウェーデン/ストックホルム、室内ハード、ATP250)のドローが発表され、第1シードのJ・シナー(イタリア)は初戦となる2回戦で、ワイルドカードで世界ランク144位のA・マレー(イギリス)と予選通過者の勝者と対戦する。

>>ジョコビッチ、ズベレフら パリ・マスターズ組み合わせ<<

>>ジョコビッチvsフルカチュ 1ポイント速報<<

昨年の同大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となっていたため、今年は2年ぶりの開催。前回大会はF・クライノビッチ(セルビア)をストレートで下したD・シャポバロフ(カナダ)が大会初制覇を成し遂げた。

シナーは今季、2月のグレート・オーシャン・ロード・オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、ATP250)、8月のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)、10月のソフィア・オープン(ブルガリア/ソフィア、室内ハード、ATP250)とヨーロピアン・オープン(ベルギー/アントワープ、室内ハード、ATP250)で優勝。また、1日付けのATP世界ランキングでは前回から順位を2つ上げて、自己最高9位に浮上している。

現在行われているロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)にも出場していたシナーだったが、世界ランク35位のC・アルカラス(スペイン)に6-7 (1-7), 5-7のストレートで敗れ、初戦敗退となっている。

ストックホルム・オープンの第2シードはF・オジェ アリアシム(カナダ)、第3シードはD・シャポバロフ、第4シードはD・エヴァンス(イギリス)、第5シードはT・フリッツ(アメリカ)、第6シードはA・ブブリク(カザフスタン)、第7シードはM・フチョビッチ(ハンガリー)、第8シードはF・ティアフォー(アメリカ)。上位4シードは1回戦免除のため2回戦が初戦となる。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ
11/1(月)〜11/7(日)

WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>