フェリシアーノ・ロペス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのテネリフェ・チャレンジャー(スペイン/テネリフェ、ハード、ATPチャレンジャー)は6日、シングルス準決勝が行われ、第2シードのF・ロペス(スペイン)が世界ランク281位のA・クズネツォフ(ロシア)を6-1, 7-6 (7-3)のストレートで破り、今季初の決勝進出を果たした。

>>ジョコビッチvsメドベージェフ 1ポイント速報<<

>>【YouTube】日本大学の全部員インタビュー、1部復帰 さらに王座優勝を目指す<<

40歳のロペスはこの試合、ファーストサービスが入った時に85パーセントの高い確率でポイントを獲得。1度のブレークしか許さなかった。リターンゲームでは13度のブレークチャンスの内3度のブレークに成功し、1時間21分で勝利した。

決勝では第1シードのT・フリークスポール(オランダ)と対戦する。フリークスポールは準決勝で第3シードのF・ベルダスコ(スペイン)を7-6 (7-5), 6-7 (7-9), 6-3のフルセットで下しての勝ち上がり。

ロペスは今季、ツアー大会では6月のマヨルカ・チャンピオンシップス(スペイン/マヨルカ、芝、ATP250)で8強入りしている。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ
11/1(月)〜11/7(日)

WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>