守屋 宏紀
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロアンヌ・オープン(フランス/ロアンヌ、室内ハード、ATPチャレンジャー)は10日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク346位の守屋 宏紀が同433位のG・クラフチェンコ(ウクライナ)に3-6,6-4,7-5の逆転勝利でベスト8へ駒を進めている。

>>21歳以下最終戦 グループ表と結果<<

>>【YouTube】日本大学の全部員インタビュー、1部復帰 さらに王座優勝を目指す<<

1回戦で逆転勝利をしている守屋はこの日、4度のブレークチャンスを与えると2度のブレークを許す。自身は3度のブレークチャンスを活かせず第1セットを先取されてしまう。

それでも続く第2セットではサービスゲームで強さを見せるとセットカウント1-1に追いつく。さらにファイナルではファーストサービスが入ったときに79パーセントの確率でポイントを獲得。2度のブレークチャンスを創出し、1度ブレークに成功。2時間12分の試合を制している。

勝利した守屋は準々決勝で世界ランク397位のJ・セルス(オランダ)と対戦する。セルスは2回戦で世界ランク214位のK・コピーヤンス(ベルギー)に6-4, 6-4のストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]男子テニス Next Gen ATPファイナルズ
11/9(火)〜11/13(土)

男子テニス Nitto ATPファイナルズ
11/14(日)〜11/21(日)

WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>