パリ・マスターズのオジェ アリアシム
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのストックホルム・オープン(スウェーデン/ストックホルム、室内ハード、ATP250)は11日、シングルス準々決勝が行われ、第2シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)が世界ランク61位のB・ファン・デ・ザンスフルプ(オランダ)を6-4, 6-3のストレートで破ってベスト4進出を決め、ツアー100勝目を飾った。

>>Nitto ATPファイナルズ 組合せ<<

>>ATP21歳以下最終戦 組合せ<<

この試合、ファーストサービスが入った時に82パーセントの確率でポイントを獲得したオジェ アリアシムは1度もブレークを許さず。リターンゲームでは3度のブレークに成功し、1時間25分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにオジェ アリアシムのコメントを掲載し「とてもよかったね。自分のキャリアの中で100勝するというのは特別なこと。これからもっとたくさんの記録を作れることを願っている」と語った。

「今日もいい試合だったし、ストレートで勝つのはいつでもいいことだ。彼(ファン・デ・ザンスフルプ)は今年、多くの手強い選手を倒してきたので、最高のテニスをしてくると思っていたし、今日の彼のサーブは素晴らしかった。でも、僕のサービスゲームでは常に余裕があった。動きもよく、ボールのスピードや高さを変えながらプレーできた。ここのコートは自分に合っていると思うよ」

勝利したオジェ アリアシムは準決勝で、前回王者で第3シードのD・シャポバロフ(カナダ)と対戦する。シャポバロフは準々決勝で世界ランク60位のA・リンデルクネシュ(フランス)を4-6, 6-3, 7-5の逆転で破っての勝ち上がり。

シャポバロフとの対戦についてオジェ アリアシムは「前回、この地でタイトルを獲得した彼(シャポバロフ)との対戦は、いつもタフになる。今年、僕は彼に2回勝っているので彼はリベンジしたいだろうね。僕たちは長い付き合いでお互いに助け合い、高め合っているよ」と明かしている。

同日には、第8シードのF・ティアフォー(アメリカ)と世界ランク52位のT・ポール(アメリカ)が4強に駒を進めている。

[PR]男子テニス Next Gen ATPファイナルズ
11/9(火)〜11/13(土)

男子テニス Nitto ATPファイナルズ
11/14(日)〜11/21(日)

WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>