ガルビン・ムグルサ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスの最終戦 アクロンWTAファイナルズ・グアダラハラ(メキシコ、室内ハード)は12日、グループ・テオティワカンの第2戦が行われ、世界ランク5位のG・ムグルサ(スペイン)が同3位のB・クレチコバ(チェコ)に2-6, 6-3, 6-4の逆転で勝利し、今大会初白星を飾った。

>>WTAファイナルズの組み合わせ表<<

>>【YouTube】日本大学の全部員インタビュー、1部復帰 さらに王座優勝を目指す<<

初戦で敗れているムグルサはこの日も第1セットで苦戦。ファーストサーブ成功時のポイント獲得率は40パーセントを切り、3度のブレークを許すなどし第1セットを先取される。それでも続く第2セットでは5度のサービスエースを決めるなどし、リターンゲームでは3度のブレークチャンスから2本のブレークに成功しセットカウント1-1に追いつく。勝負のファイナルセット、ムグルサはファーストサーブ成功時のポイント獲得率を89パーセントまで上げて試合を優位に進め、2時間10分の試合を制している。

女子テニス協会のWTAは公式サイトにコンタベイトのコメントを掲載し「第1セットはあまりいいプレーができなかったと思う」と語った。

「第2セットでは、観客が私を助けてくれた。前にも言ったけど、本当にそうなの。私は少なくとも状況を変えずにこのコートを去ることはできないし、バーボラ(クレチコバ)に最大の戦いをさせることもできないと思ったわ」

勝利したムグルサは第3戦で、世界ランク8位のA・コンタベイト(エストニア)と対戦する。コンタベイトは第2戦で世界ランク3位のKa・プリスコバ(チェコ)に6-4,6-0のストレートで勝利している。

[PR]男子テニス Next Gen ATPファイナルズ
11/9(火)〜11/13(土)

男子テニス Nitto ATPファイナルズ
11/14(日)〜11/21(日)

WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>