初戦を白星で飾ったメドベージェフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニス最終戦のNitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は大会初日の14日、シングルスの予選ラウンドロビン「レッドグループ」の第1試合が行われ、第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)が第7シードのH・フルカチュ(ポーランド)を6-7(5-7),6-3,6-4の逆転で破り、初戦を白星で飾った。

>>Nitto ATPファイナルズ 組合せ<<

>>ズベレフ対ベレッティーニ 1ポイント速報<<

Nitto ATPファイナルズは、年間の大会獲得ポイント「RACE TO TURIN」の上位8選手が出場するシーズン最後の大会。

4選手ずつグリーングループとレッドグループに分かれて3セットマッチによる総当り戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出し優勝を争う。

3年連続3度目のATPファイナルズ出場となった世界ランク2位のメドベージェフと初の参加となった同9位のフルカチュ。この試合の序盤は互いに強烈なサービスを武器に1度もブレークチャンスを与えないプレーを披露し、タイブレークに突入する。タイブレークではネット際の攻防を落としたメドベージェフがミニブレークを許し第1セットを落とした。

しかし、第2セットでは第2ゲームでこの日初のブレークを奪ったメドベージェフに流れが傾き、その後は6本のサービスエースを決めるなど最後まで挽回を許さずにセットカウント1−1に追いついた。

ファイナルセットでは第1ゲームで先にブレークしたメドベージェフが主導権を握ると、ファーストサービスが入ったときに100パーセントの確率でポイントを獲得する圧倒的なテニスを見せ、今季3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、マスターズ1000)などを制したフルカチュに1度もブレークチャンスを与えないまま2時間で勝利した。

2年連続2度目のATPファイナルズ制覇を狙うメドベージェフは、白星スタートを果たすことができた一方、フルカチュは最終戦初勝利をあげることはできなかった。

「レッドグループ」ではそのほかに第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)と第6シードのM・ベレッティーニ(イタリア)がおり、両者の第1戦は日本時間15日の5時(現地14日の21時)以降に行われる予定。

[PR]男子テニス Nitto ATPファイナルズ
11/14(日)〜11/21(日)

WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>