(左から)ジョコビッチとルブレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニス最終戦のNitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は大会4日目の17日、シングルスの予選ラウンドロビン「グリーングループ」の第2戦が組まれ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第5シードのA・ルブレフ(ロシア)の一戦が現在行われている。

>>Nitto ATPファイナルズ 組合せ<<

>>ジョコビッチVSルブレフ 1ポイント速報<<

Nitto ATPファイナルズは、年間の大会獲得ポイント「RACE TO TURIN」の上位8が出場するシーズン最後の大会。

4選手ずつグリーングループとレッドグループに分かれて3セットマッチによる総当り戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出し優勝を争う。

ジョコビッチとルブレフは初の顔合わせ。

4年連続14度目の出場となる世界ランク1位のジョコビッチは今季、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)や全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を制覇。全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ではD・メドベージェフ(ロシア)に屈し年間グランドスラムを逃したものの、圧倒的な成績を残してきた。今大会は2015年以来6年ぶり6度目の優勝を狙っている。

15日に行われた第1戦では初出場のC・ルード(ノルウェー)を相手に貫録のストレート勝ちをおさめている。

一方、世界ランク5位のルブレフは2年連続2度目のATPファイナルズの舞台。昨年は予選ラウンドロビン1勝2敗で敗退。今シーズンはツアー1勝に終わったものの、全豪オープンで8強入り、2つの「ATPマスターズ1000」で準優勝を飾るなど安定した成績をあげてきた。

第1戦では第4シードのS・チチパス(ギリシャ)を、好調なサービスを武器に試合を通して1度もブレークチャンスを与えることなく完勝した。

「グリーングループ」に所属しているチチパスと第8シードのルードは日本時間18日の5時(現地17日の21時)以降に第2戦を控えている。

[PR]男子テニス Nitto ATPファイナルズ
11/14(日)〜11/21(日)

WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>