グラノジェルス/ セバリョス
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニス最終戦のNitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は大会5日目の18日、ダブルスの「グリーングループ」第3戦が行われ、第4シードのM・グラノジェルス(スペイン)/ H・セバリョス(アルゼンチン)組は第8シードのK・クラビーツ(ドイツ)/ H・テカウ(ルーマニア)組に3-6, 7-6 (7-1), [6-10]のフルセットで敗戦。ラウンドロビン2勝1敗とするも決勝トーナメント進出を果たした。

>>Nitto ATPファイナルズ 組合せ<<

>>メドベージェフvsシナー 1ポイント速報<<

Nitto ATPファイナルズは、年間の大会獲得ポイント「RACE TO TURIN」の上位8ペアが出場するシーズン最後の大会。

4組ずつグリーングループとレッドグループに分かれて3セットマッチによる総当り戦を行い、各グループの上位2組が決勝トーナメントに進出し優勝を争う。

今季2度のツアー優勝を飾ったグラノジェルス/ セバリョス組はこの試合、ファーストサービスが入ったときに53パーセントの確率でしかポイントを獲得できずにサービスゲームで苦戦。リターンゲームではクラビーツ/ テカウ組に1度のブレークを許し、34分で第1セットを落とす。

第2セットではタイブレークの末に獲得するも、10ポイント先取のタイブレークではクラビーツ/ テカウ組のサービスに苦しみ1時間39分で力尽きた。

それでも、すでにラウンドロビン2連勝を果たしていたためグラノジェルス/ セバリョス組は2年連続となる決勝トーナメント進出となった。

「グリーングループ」
M・グラノジェルス/ H・セバリョス
I・ドディグ(クロアチア)/ F・ポラセック(スロバキア)
N・メクティッチ(クロアチア)/ M・パビッチ(クロアチア)
K・クラウィーツ(ドイツ)/ H・テカウ

「レッドグループ」
R・ラム(アメリカ)/ J・ソールズベリー(イギリス)
PH・エルベール(フランス)/ N・マウー(フランス)
J・S・キャバル(コロンビア)/ R・ファラ(コロンビア)
J・マレー(イギリス)/ B・ソアレス(ブラジル)

[PR]男子テニス Nitto ATPファイナルズ
11/14(日)〜11/21(日)

WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>