綿貫陽介
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスツアーの下部大会であるシャンペーン・チャレンジャー(アメリカ/シャンペーン、室内ハード、ATPチャレンジャー)は18日、シングルス準々決勝が行われて、世界ランク306位の綿貫陽介がB・シェルトン(アメリカ)を6-2,6-1のストレートで破り、準決勝進出を決めている。

>>Nitto ATPファイナルズ 組合せ<<

この日綿貫は、リターンゲームで強さを見せる。12本ものブレークチャンスを創出すると、6度のブレークに成功。相手を圧倒し、1時間4分で試合を制している。

試合後、綿貫は自身のsnsを更新し、ツイッターで心境を綴った。
「今日勝って明日は久しぶりのチャレンジャー準決勝!!がんばるぞ!」

勝利した綿貫は、準決勝で世界ランク170位のA・ブキッチ(オーストラリア)と対戦する。ブキッチは準々決勝で添田豪を6-2,6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]男子テニス Nitto ATPファイナルズ
11/14(日)〜11/21(日)

WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>