アレクサンダー・ズベレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニス最終戦のNitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は大会7日目の20日、シングルス準決勝が行われ、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を7-6 (7-4), 4-6, 6-3のフルセットで破り、大会2度目の決勝進出を果たした。

>>Nitto ATPファイナルズ 組合せ<<

Nitto ATPファイナルズは、年間の大会獲得ポイント「RACE TO TURIN」の上位8選手が出場するシーズン最後の大会。

2018年以来3年ぶり2度目のATPファイナルズ制覇を狙うズベレフは第1セット、お互いにサービスキープが続き迎えた第10ゲームで初めてブレークチャンスを与えるも凌ぐ。直後の第11ゲームでは2度のブレークチャンスを得たものの、活かしきれずタイブレークに突入。2度のミニブレークに成功したズベレフが先行する。

第2セット、第1セットに続きサービスキープが続くも第9ゲームでブレークを許したズベレフ。第10ゲームでは3度のセットポイント凌いだもののセットカウント1−1に追いつかれる。ファイナルセット、第4ゲームでブレークに成功したズベレフは第7ゲームに与えたブレークチャンスをしのぎ、2時間28分の激闘を制した。

勝利したズベレフは決勝で第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)と対戦する。メドベージェフは準決勝で第8シードのC・ルード(ノルウェー)を6-4, 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

一方、敗れたジョコビッチは大会8度目の決勝進出とはならなかった。

[PR]男子テニス Nitto ATPファイナルズ
11/14(日)〜11/21(日)

WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>