(左から)マウーとエルベール
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニス最終戦のNitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は大会8日目の21日、ダブルス準決勝が行われ、第3シードのPH・エルベール(フランス)/ N・マウー(フランス)組が第4シードのM・グラノジェルス(スペイン)/ H・セバリョス(アルゼンチン)組を6-3,6-4のストレートで破って決勝進出を果たし、2019年以来2年ぶり2度目の大会制覇に王手をかけた。

>>Nitto ATPファイナルズ 組合せ<<

>>メドベージェフvsズベレフ 1ポイント速報<<

今季、6月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を含む3個のツアータイトルを獲得しているエルベール/ マウー組。この試合はファーストサービスが入ったときに88パーセントの高い確率でポイントを獲得するなどグラノジェルス/ セバリョス組に1度もブレークチャンスを与えないプレーを披露し、1時間17分で快勝した。

2019年以来2度目となるペアでATPファイナルズ制覇を狙うエルベールとマウーは、決勝で第2シードのR・ラム(アメリカ)/ J・ソールズベリー(イギリス)組のどちらかと対戦する。同ペアは準決勝で第1シードのN・メクティッチ(クロアチア)/ M・パビッチ(クロアチア)組を逆転で下しての勝ち上がり。

両ペアは今大会、予選ラウンドロビンでも顔を合わせており、そのときはラム/ ソールズベリー組が6-7 (7-9),6-0,[13-11]の逆転で勝利した。

[PR]男子テニス Nitto ATPファイナルズ
11/14(日)〜11/21(日)

WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>