勝利に貢献したブブリク
画像提供:ゲッティイメージズ

国別対抗戦のデビスカップ by Rakuten ファイナルズ2021(スペイン/オーストリア/イタリア共同開催)は27日、グループB第2戦が行われ、カザフスタンがスウェーデンを2勝1敗で破って今大会初白星をあげた。

>>デビスカップの組み合わせ<<

>>【YouTube】苦手な片手バックハンド高い打点を克服、利き腕と逆側がコツ??<<

シングルス2試合とダブルス1試合で争われるこの大会。18カ国が3カ国ずつ6グループに別れリーグ戦が行われ、各組上位1チームと2位チームの中から成績上位2カ国の計8カ国が準々決勝に進出し、決勝トーナメントを戦う。

この試合が初戦となったカザフスタンは第1試合、世界ランク183位のM・ククシュキン(カザフスタン)が同171位のE・イメル(スウェーデン)に3-6, 6-7(4-7)のストレートで敗れるも、続く第2試合では世界ランク36位のA・ブブリク(カザフスタン)が93位のM・イメル(スウェーデン)に3-6, 6-4, 6-0の逆転で勝利する。

第3試合では、A・ゴルベフ(カザフスタン)/A・ネドビエソッフ(カザフスタン)組がA・ゴランソン(スウェーデン)/A・リンステッド(スウェーデン)組に6-3, 6-3のストレートで勝利し、合計2勝1敗でカザフスタンの勝利となった。

流れを変えたブブリクは試合後にコメントを残し、同大会の公式サイトがそれを掲載している。

「デビスカップはシングルツアーよりも真剣に取り組んでいる。練習キャンプの最初から、ここで行われる最後の試合まで、集中しているよ。それは、自分のためだけにプレーしているわけではないからさ」

「ATPでプレーするときは自分しかいないから何をしてもいいんだ。やりたくなければ、コートを出ればいいだけだからね。でもここでは国のために、ファンのために、より多くのもののためにプレーしている。それは特別なことだよ。僕は現実的で、真剣であり続けたいと思っている」

また、スウェーデンのキャプテン、ユーリイ・シューキンも同一戦を総括し、「確かにタフな試合だったけど、基本的にはチームがリズムを取り戻せたことに満足している。明日に向けて、選手たちは準備万端だ。ベストを尽くすつもりだよ」と語った。

この勝利によってグループBのトップに立ったカザフスタンは第3戦でカナダと対戦。カナダはスウェーデンとの第1戦を0勝3敗で落としている。



WOWOWテニスフェスティバル2021
12/12(日)午後4:00
日本の誇る国枝 慎吾・上地 結衣らがトークやエキシビションマッチなどを行なうスペシャルイベントを生中継!

WOWOWで無料放送&WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>