錦織圭
画像提供:tennis365.net

スポーツ用品ブランドのウイルソンは30日、男子テニスで世界ランク47位の錦織圭と『怪盗グルー』/『ミニオンズ』などのアニメーション作品で知られるイルミネーション社とのコラボレーションを発表。同日には発表イベントも行われ、錦織は7月に行われた東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)を振り返った。

>>デビスカップの組み合わせ<<

>>【YouTube】苦手な片手バックハンド高い打点を克服、利き腕と逆側がコツ??<<

今季、錦織は3月のABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)でF・オジェ アリアシム(カナダ)やA・デ ミノー(オーストラリア)を下し8強入りを果たすと同月のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)ではD・ゴファン(ベルギー)らを破りベスト8に進出。

その後も全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で4回戦に駒を進めると、東京オリンピックでは1回戦で当時世界ランク7位のA・ルブレフ(ロシア)を撃破。準々決勝では世界1位のN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れていた。

「とても楽しかったし大きな経験値になった。メダル争いには届かなかったけど、いいテニスはできた。普段は無観客の大会が多かったけど意外と気にならないし、集中してプレーもできた。でも東京オリンピックだけは、お客さんがいて欲しかったと思った。テニス会場も結構、増設されてすごく大きくなったのでより寂しく感じてしまった。でも、いい経験にはなった」

無観客開催となった東京オリンピックについて錦織は「(遠くからでも声援は)届くと思う。プレーしている時は何も考えずにプレーしているので自分の世界に入っている。だけど、チームやお客さんの声援は力になっていると思う」と振り返った。

オリンピック直後に行われたシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)では4強入りするなど好調なプレーを見せたが、10月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)の2回戦でD・エヴァンス(イギリス)に逆転負けで敗れた以降は負傷によりツアーを離脱。

出場予定だったエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)やロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)も欠場し、今季終了となった。

今後は2022年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)に照準を合わせトレーニングを行っていく。

WOWOWテニスフェスティバル2021
12/12(日)午後4:00
日本の誇る国枝 慎吾・上地 結衣らがトークやエキシビションマッチなどを行なうスペシャルイベントを生中継!

WOWOWで無料放送&WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>