デビスカップでのメドベージェフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ by Rakuten ファイナルズ2021(スペイン/オーストリア/イタリア共同開催)は5日、決勝が行われ、ロシアテニス連盟がクロアチアを2勝0敗で破り、2006年大会以来 15年ぶり3度目の優勝。D・メドベージェフ(ロシア)は4度目のタイトルで今シーズンを締めくくった。

>>デビスカップの組み合わせ<<

>>【YouTube】苦手な片手バックハンド高い打点を克服、利き腕と逆側がコツ??<<

今季、メドベージェフは2月のATPカップ(オーストラリア/メルボルン、ハード)、3月のオープン13・プロヴァンス(フランス/マルセイユ、室内ハード、ATP250)、6月のマヨルカ・チャンピオンシップス(スペイン/マヨルカ、芝、ATP250)、8月のナショナル・バンク・オープン(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)で優勝すると、9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会初制覇を果たした。

その他、2月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、11月のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)、11月のNitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)で準優勝を果たすなど躍進した。

メドベージェフの今季の成績は63勝13敗となっており、最多勝利を記録。さらにN・ジョコビッチ(セルビア)、R・フェデラー(スイス)、R・ナダル(スペイン)、A・マレー(イギリス)のビッグ4以外の選手が世界ランク2位となるのは2004年のA・ロディック(アメリカ)以来17年ぶりとなった。

2005年からのトップ2は以下の通り。(1位、2位の順)

2005:フェデラー、ナダル
2006:フェデラー、ナダル
2007:フェデラー、ナダル
2008:ナダル、フェデラー
2009:フェデラー、ナダル
2010:ナダル、フェデラー
2011:ジョコビッチ、ナダル
2012:ジョコビッチ、フェデラー
2013:ナダル、ジョコビッチ
2014:ジョコビッチ、フェデラー
2015:ジョコビッチ、マレー
2016:マレー、ジョコビッチ
2017:ナダル、フェデラー
2018:ジョコビッチ、ナダル
2019:ナダル、ジョコビッチ
2020:ジョコビッチ、ナダル
2021:ジョコビッチ、メドベージェフ

WOWOWテニスフェスティバル2021
12/12(日)午後4:00
日本の誇る国枝 慎吾・上地 結衣らがトークやエキシビションマッチなどを行なうスペシャルイベントを生中継!

WOWOWで無料放送&WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>