(左から)錦織と内田
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの12月6日付ATP世界ランキングが発表され、錦織圭は前回から変わらず47位、内田海智が4つ上げて316位に浮上した。

>>【YouTube】苦手な片手バックハンド高い打点を克服、利き腕と逆側がコツ??<<

10月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)で2回戦敗退を喫した錦織は、その後負傷の影響でエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)やロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)を欠場。今季を終了し、現在は日本でイベントに参加するかたわらトレーニングを積んでいる。

そのほか日本勢では、前週のドーヴ・メン+ケア・チャレンジャー・サンパウロ(サンパウロ/ブラジル、クレー、ATPチャレンジャー)に出場した内田が、結果は1回戦敗退だったものの、4つ上げ316位に浮上した。

12月6日付の日本勢の男子ATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■47位[ ↑1 ]…錦織圭
1,210ポイント(1,210ポイント)

■81位[ - ]…西岡良仁
823ポイント(823ポイント)

■125位[ ↑1 ]…ダニエル太郎
584ポイント(584ポイント)

■161位[ ↑1 ]…杉田祐一
428ポイント(428ポイント)

■201位[ ↑1 ]…内山靖崇
321ポイント(321ポイント)

■243位[ ↓5 ]…添田豪
253ポイント(253ポイント)

■262位[ ↓1 ]…綿貫陽介
223ポイント(223ポイント)

■275位[ ↓1 ]…伊藤竜馬
203ポイント(203ポイント)

■287位[ - ]…守屋宏紀
187ポイント(187ポイント)

■316位[ ↑4 ]…内田海智
158ポイント(158ポイント)

■369位[ ↓3 ]…望月慎太郎
115ポイント(115ポイント)

■424位[ ↓2 ]…清水悠太
92ポイント(92ポイント)

■439位[ - ]…関口周一
87ポイント(87ポイント)

■442位[ ↓15 ]…今井慎太郎
86ポイント(91ポイント)

■455位[ ↑1 ]…野口莉央
82ポイント(82ポイント)

■489位[ ↓1 ]…中川直樹
72ポイント(72ポイント)

[PR]WOWOWテニスフェスティバル2021
12/12(日)午後4:00
日本の誇る国枝 慎吾・上地 結衣らがトークやエキシビションマッチなどを行なうスペシャルイベントを生中継!

WOWOWで無料放送&WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>