添田豪(画像は2021年)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのラトローブ・シティ・トララルゴン・チャレンジャー(オーストラリア/トララルゴン、ハード、ATPチャレンジャー)は6日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク247位の添田豪は第7シードのJ・ウルフ(アメリカ)に2-6, 6-4, 4-6で敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

>>ATPカップ組合せ・結果<<<<

>>大坂らメルボルン・サマー・セット1組み合わせ<<

この試合は5日に開始され、添田は2度のブレークを許し第1セットを先取される。第2セットでは1度のブレークに成功しセットカウントを1−1とするも順延に。6日に再開された第3セットでは、第1ゲームでブレークを奪われると、その後も挽回できずに計3時間8分で力尽きた。

勝利したウルフは準々決勝で第12シードのJ・デ ヨング(オランダ)と対戦する。デ ヨングは2回戦でD・ストリッカー(スイス)に7-5, 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

そのほかの日本勢では2回戦に世界ランク266位の綿貫陽介も進出していたものの、同182位のM・ククシュキン(カザフスタン)に6-7(4-7),1-6のストレートで敗れて8強入りを逃している。

[PR]全豪前哨戦!ATP250 アデレード2
1/10(月・祝)〜15(土)
WOWOWオンデマンドでライブ配信!

全豪オープンテニス
1/17(月)〜30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>