ジェンソン・ブルックスビー(画像は2021年)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで世界ランク56位のJ・ブルックスビー(アメリカ)は10日にインスタグラムのストーリーズ(24時間で消える投稿)を更新し、新型コロナウイルスの検査で陽性となったため全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)を欠場すると発表した。

>>YouTube【テニス】初心者必見! ラケットの選び方part1 メーカー別の特徴とは?! 大坂 なおみはYONEX 錦織 圭はWilson ジョコビッチはHEAD<<

>>ATPカップ 順位表・最終結果<<

21歳のブルックスビーはインスタグラムで「残念ながら僕は全豪オープンを欠場しなくてはならない。明日フライトするスケジュールだったが、僕と僕のコーチが今朝のテストで陽性となってしまった。グランドスラムを失うのは簡単なことじゃない。けど、もっと辛いことを経験している人たちがいるから文句は言えない。来年の全豪オープンデビューを楽しみにしている」とつづった。

2021年シーズンにブレイクしたブルックスビー。昨年5月まではチャレンジャー大会やITFの下部ツアーを主戦場にしていたが、同月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で予選を勝ち抜き本戦入り。7月のホール・オブ・フェーム選手権(アメリカ/ニューポート、芝、ATP250)でツアー初の準優勝を果たすと、9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では四大大会初の16強入りを決めた。

全豪オープンには、これまで予選などへの出場もなく、今年は念願の本戦デビューを迎えるはずだった。

[PR]全豪前哨戦!ATP250 アデレード2
1/10(月・祝)〜15(土)
WOWOWオンデマンドでライブ配信!

全豪オープンテニス
1/17(月)〜30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>