(左から)錦織圭と西岡良仁
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの1月10日付世界ランキングが発表され、錦織圭は1つ上げ46位に浮上、西岡良仁は18下げて99位に後退した。

>>YouTube【テニス】初心者必見! ラケットの選び方part1 メーカー別の特徴とは?! 大坂 なおみはYONEX 錦織 圭はWilson ジョコビッチはHEAD<<

>>ATPカップ 順位表・最終結果<<

錦織は今週のシドニーテニスクラシック(オーストラリア/シドニー、ハード、ATP250)、そして17日に開幕する全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)への出場を予定していたが、日本時間7日未明に臀部の負傷のため、オーストラリアで行われる大会の欠場を発表。

現在復帰時期は未定となっている。

また、西岡は昨年出場した国別対抗戦ATPカップ(オーストラリア/ハード)分のポイントが失効され大幅なランクダウンとなった。西岡は現在アデレード国際2(オーストラリア/アデレード、ハード、ATP250)の予選を戦っており、10日に行われた予選決勝で世界ランク152位のL・サビル(オーストラリア)をストレートで下し本戦入りを決めている。

1月10日付の日本勢の男子ATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■46位[ ↑1 ]…錦織圭
1,210ポイント(1,210ポイント)

■99位[ ↓18 ]…西岡良仁
748ポイント(823ポイント)

■120位[ ↑5 ]…ダニエル太郎
606ポイント(584ポイント)

■178位[ ↓17 ]…杉田祐一
376ポイント(428ポイント)

■201位[ ↑2 ]…内山靖崇
321ポイント(321ポイント)

■263位[ ↑3 ]…綿貫陽介
225ポイント(223ポイント)

■264位[ ↓5 ]…内田海智
225ポイント(342ポイント)

■267位[ ↓20 ]…添田豪
217ポイント(232ポイント)

■278位[ - ]…伊藤竜馬
203ポイント(203ポイント)

■291位[ ↓2 ]…守屋宏紀
184ポイント(187ポイント)

■389位[ ↓1 ]…望月慎太郎
108ポイント(108ポイント)

[PR]全豪前哨戦!ATP250 アデレード2
1/10(月・祝)〜15(土)
WOWOWオンデマンドでライブ配信!

全豪オープンテニス
1/17(月)〜30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>