アレクサンダー・ズベレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は19日、男子シングルス2回戦が行われ、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)が世界ランク89位のJ・ミルマン(オーストラリア)を6-4, 6-4, 6-0のストレートで破り、5年連続の3回戦進出を果たした。試合後には試合を振り返り、ハードコートでの最高の選手についても触れた。

>>ズベレフ、ナダルら全豪OP組み合わせ<<

>>大坂 なおみvsアニシモワ 1ポイント速報<<

この試合、サービスエースを14本決めファーストサービスが入った時に85パーセントの確率でポイントを獲得したズベレフ。37本のウィナーを決めるとリターンゲームでは6度のブレークに成功し1時間59分で勝利した。

ズベレフは試合後の会見で「よかった。僕にとって彼(ミルマン)はいつも厄介な相手なので、あのように勝ててうれしいね」と語った。

また、ハードコートでの最高の選手についても明かした。

「N・ジョコビッチ(セルビア)がおそらく1番だと思う。それは間違いないだろうね。彼は最も多くの勝利を収めている。でも、以前から何度も言っているけど、D・メドベージェフ(ロシア)はここ数カ月、数年、信じられないような大会で優勝しているし、ハードコートでは最高の選手の1人だと思う。僕はオリンピックや最終戦で優勝しているので、ハードコートでも十分なプレーができると思うよ」

勝利したズベレフは3回戦で世界ランク124位のR・アルボット(モルドバ)と対戦する。アルボットは2回戦で同144位のA・ブキッチ(オーストラリア)を6-4, 7-6 (7-4), 6-4のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第6シードのR・ナダル(スペイン)、第7シードのM・ベレッティーニ(イタリア)、第14シードのD・シャポバロフ(カナダ)、第23シードのR・オペルカ(アメリカ)、第25シードのL・ソネゴ(イタリア)らが3回戦へ駒を進めている。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)〜30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>