タナシ・コキナキス、ニック・キリオス
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は23日、男子ダブルス3回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場しているN・キリオス(オーストラリア)/ T・コキナキス(オーストラリア)組が第15シードのA・ビハル(ウルグアイ)/ G・エスコバル(エクアドル)組を6-4,4-6,6-4のフルセットで破り、ベスト8に進出。キリオスは試合後、「優勝を狙えると思っている」と語った。

>>シナーvsデミノー 1ポイント速報<<

>>チチパスvsフリッツ 1ポイント速報<<

今大会、地元の大声援を味方につけて準々決勝まで勝ち上がったキリオス/ コキナキス組。

シングルスでは、キリオスは2回戦で第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)に惜敗。コキナキスは1回戦で予選勝ち上がりのY・ハンフマン(ドイツ)に敗れ、ともに大会を後にしている。両者はこれまで全豪オープンで3度ペアを組み、昨年は2回戦に進出。

キリオスは試合後、「正直なところ、ダブルスで優勝候補のように感じている」とコメントした。

「今の彼(コキナキス)のプレーは、明らかに先月からとても自信を持っていて、見ていて素晴らしい。一緒にプレーしてきたなかで、最高のダブルスだと思うよ」

「全豪オープンでの一勝、それは当たり前のことではないんだ。間違いなく、僕たちは優勝を狙えると思っている」

またコキナキスは会場の大声援について語った。「観客のサポートがどれだけ助けになるかは、見ての通りだ。パーティーのような雰囲気だよ。自分たちが楽しんでいるときに、最高の集中力を発揮できると思うんだ」

キリオス/ コキナキス組は準々決勝で、第6シードのT・ポイツ(ドイツ)/ M・ヴィーナス(ニュージーランド)組と対戦する。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)〜30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>