全豪OPでの西岡良仁
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのテニス・オハイオ・チャンピオンシップス(アメリカ/コロンバス、ハード、ATPチャレンジャー)は26日、シングルス2回戦が行われ、第3シードの西岡良仁が世界ランク210位のJ・ウルフ(アメリカ)を6-2,2-6,6-4のフルセットで破り、ベスト8進出を果たした。

>>全豪OP 男女シングルス組み合わせ<<

>>青山/柴原 準決勝 1ポイント速報<<

1回戦で綿貫陽介をストレートで下し初戦突破を決めていた西岡はこの試合、第1セットでは3度のブレークを奪い先行する。第2セットではウルフからブレークチャンスを握ることができないままセットカウント1−1とされるが、ファイナルセットではファーストサービスが入ったときに92パーセントの高い確率でポイントを獲得。1度のブレークを守り切り、1時間33分で勝利した。

準々決勝では第6シードのE・ゴメス(エクアドル)と対戦するゴメスは2回戦で世界ランク251位のN・クーン(ドイツ)をストレートで下したの勝ち上がり。

同日には世界ランク266位の添田豪が第7シードのJ・ソック(アメリカ)と対戦したが、3-6,4-6のストレートで敗れ、8強入りを逃している。

[PR]全豪オープンテニス
27日午前8:50〜生中継・ライブ配信決定!青山/柴原 女子D準決勝
ほか注目試合もWOWOWで連日生中継
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>