(左から)キリオスとコキナキス
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は27日、男子ダブルス準決勝が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場しているT・コキナキス(オーストラリア)/ N・キリオス(オーストラリア)組が第3シードのM・グラノジェルス(スペイン)/ H・セバリョス(アルゼンチン)組を7-6 (7-4), 6-4のストレートで破り、決勝進出を果たした。

>>全豪OP 男女シングルス組み合わせ<<

>>ナダルvsベレッティーニ 1ポイント速報<<

準々決勝で第6シードのT・ポイツ(ドイツ)/ M・ヴィーナス(ニュージーランド)組をフルセットで破ったコキナキス/キリオス組は、第1セットをタイブレークの末に先取すると、第2セットでは序盤で3ゲームを連取し、3−0とリードする。

第7ゲームでブレークを許すも、第10ゲームでこの日2度目のブレークに成功し、1時間47分で勝利した。

コキナキスは試合後に「正直言って、信じられない。ドローが決まった時から考えると間違いなく予想外のこと。僕たちはいつも、自分たちが楽しむためにプレーしている。それがまず第一だ。そうすれば、すべての勝利はボーナスになる」と語った。

「ただ、1試合ずつ、その場の雰囲気や観客に浸っていたんだ。決勝進出は本当に期待していなかった。ニック(キリオス)のような良い仲間と一緒にやれたのだから、これ以上望むものはないだろう」

またキリオスは「気持ちいい。ワクワクしている。タナシ(コキナキス)が言ったことを繰り返したくはない。また、あの観客の前でプレーする機会があることを楽しみにしているんだ。勝っても負けても楽しい体験になるはず」と述べた。

「この1週間は正気ではなかった。コートに行くたびに、最後の日のような気がしている。高いレベルのダブルスペアとばかりやっている。勝てるとは思っていない。このまま流れに身を任せようと思っている」

コキナキス/キリオス組は決勝でM・エブデン(オーストラリア)/ M・パーセル(オーストラリア)組と対戦する。エブデン/パーセル組は準決勝で第2シードのR・ラム(アメリカ)/ J・ソールズベリー(イギリス)組をストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)〜30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>