今年1月のトララルゴンCHでの守屋
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのオープン・キンペール・ブリュターニュ・オキシデンタル(フランス/キンペール、ハード、ATPチャレンジャー)は27日、シングルス2回戦が行われ、予選から出場している世界ランク288位の守屋宏紀が同214位のR・ベーメルマンス(ベルギー)を7-5,6-1のストレートで破り、ベスト8進出を果たした。

>>全豪OP 男女シングルス組み合わせ<<

>>ナダルvsベレッティーニ 1ポイント速報<<

1回戦で世界ランク387位の望月慎太郎を下していた守屋はこの日も躍動。2度のブレークに成功して第1セットを先取すると、第2セットではファーストサービスが入ったときに85パーセントの高い確率でポイントを獲得。ブレークチャンスを与えないプレーを披露し、1時間24分で快勝した。

準々決勝では同じく予選から出場している世界ランク226位のA・ミュラー(フランス)と対戦する。ミュラーは2回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場した同260位のJW・ツォンガ(フランス)をフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には第5シードのV・ポスピシル(カナダ)や世界ランク261位のA・クズネツォフ(ロシア)らが8強へ駒を進めている。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)〜30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>