決勝進出を果たしたナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は28日、男子シングルス準決勝が行われ、第6シードのR・ナダル(スペイン)が第7シードのM・ベレッティーニ(イタリア)を6-3,6-2,3-6,6-3で破り、2019年以来3年ぶり6度目の決勝進出を果たした。試合後の会見では「戦術的にはうまくいった」と語った。

>>全豪OP 男女シングルス組み合わせ<<

>>メドベージェフvsチチパス 1ポイント速報<<

現地メルボルンが大雨のため屋根が閉じられたセンターコートで行われたこの試合、序盤からミスを重ねるベレッティーニに対し第2ゲームでブレークに成功したナダルは、第1セットで1度もブレークチャンスを与えることなく、43分で先行する。

第2セットでも主導権を離さなかったナダルは、強烈なフォアハンドウィナーを決め第1ゲームで先にブレーク。ミスを連発するベレッティーニに対して、さらに3ゲームを連取しゲームカウント4ー0とリードすると、その後も寄せ付けることなくセットカウント2−0と勝利に王手をかけた。

第3セット、序盤は互いにサービスゲームのキープが続くが、第8ゲームではこの日初のブレークを奪われ、セットカウント2−1と反撃を許す。第4セットでも互いにチャンスをいかせずサービスゲームのキープが続くも、迎えた第8ゲームでナダルがロングラリーを制し勝負を決めるブレークに成功。そのリードを守り切り、2時間55分で決勝進出を決めた。

試合後にナダルは記者会見で次のようなコメントを残している。

「今日はうまくいったと思う。序盤はコート内からからうまく返球できたし、アドバンテージもとれたと思う。彼が得意とする、バック側のボールを回り込んでフォアハンドで打つチャンスを与えずに済んだ。彼のフォアハンドに対するバックハンドのクロスも良かったし、もちろんフォアハンドのクロスで切り返すこともできた。戦術的にはうまくいったと思う」

「試合の時々によって様々なことを試している。大会の最初のころはベースラインからかなり後ろに戻っていたように思う。今日はずっとベースラインに近いところで返していた。第4セットでブレークしたゲームではベースラインから数メートル後ろに戻っていた」

「第3セットでは少し疲れてしまい、相手も素晴らしいプレーをし始めた。それから、ベースラインから近い位置でポイントをコントロールするチャンスが増えた。でも、それは普通のことなんだ。偉大なプレーヤーと対戦しているから、最初の2セットのようなプレーで勝つことは不可能なことだ」

「(今日の勝利は)僕にとっては素晴らしいことだ。この3週間、今のようなレベルで戦えたことをとてもうれしく思っている。今のようなレベルでプレーできることは驚きだけど、世界の最も重要なプレーヤーと再び対戦し、高いレベルでテニスをできるなんて信じられないようなことだ。僕ここにいて人生に感謝したい。もちろん、いつもベストを尽くすつもりだし今の目標は勝つことだよ」

「この半年間は正直言ってとてもタフな日々だった。特に、世界中でたくさんの人が亡くなっているこの時代にはね。もちろん、多くの人を失った多くの家族に比べれば、僕の月日なんて全然大変なものではない」

「(ベスト4に残っているD・メドベージェフ(ロシア)とS・チチパス(ギリシャ)の)スタイルは違うけど世界最高の選手たちだ。もし、僕が自分のレベルでプレーできなければチャンスはないだろうね」

2009年以来13年ぶり2度目の優勝を狙うナダルは、第2シードのメドベージェフと第4シードのチチパスのどちらかと対戦する。

また、N・ジョコビッチ(セルビア)、R・フェデラー(スイス)と並び史上最多となる四大大会20勝を達成しているナダル。30日に行われる決勝戦は単独史上最多を更新する大きなチャンスとなった。

ナダルはこの記録についても次のように語っている。

「チャンスがあるのは嬉しいことだ。でも僕にとってはこれらの記録よりも、全豪オープンの決勝にもう1度進出したことが重要なんだ。それが僕にとって大きな意味を持っている」

「テニスの素晴らしい時代の一部であり、別の2人の選手とこれらすべてを共有できることが幸せだと感じている。それだけさ。ある意味、誰かが1つ多く達成しようが、1つ少なかろうがそれは重要ではない。僕たちはみんな素晴らしいことをしたし、僕たち一人一人に匹敵するようなことをするのはとても難しいことだと思う。だからそのようなことはあまり考えていない」

一方、敗れたベレッティーニは全豪オープン初の決勝進出とはならず。四大大会では昨年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で準優勝を果たしているが、自身2度目となる決勝の舞台へ駒を進めることはできなかった。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)〜30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>