2021年の錦織圭
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの4月18日付ATP世界ランキングが更新され、錦織圭は前回と変わらず56位となった。

>>バルセロナOP 組み合わせ<<

錦織は1月のシドニーテニスクラシック(オーストラリア/シドニー、ハード、ATP250)と全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)への出場を予定していたが、股関節の負傷のため欠場。その後、同月25日には同箇所の手術を受けたことを報告して、約6カ月間ツアーを離脱すると発表しており、復帰は7月から8月を予定している。

世界ランキングの上位陣には変動なし。ロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)で準優勝をおさめたA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)は19上げて27位となり、キャリア最高位を記録。

また、同大会で2度目のベスト8進出を果たしたD・シュワルツマン(アルゼンチン)は1つ上げて15位となり、2度目の4強入りを果たしたG・ディミトロフ(ブルガリア)は6つ上げて23位となった。

4月18日付の男子ATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ - ]…N・ジョコビッチ(セルビア)
8,340ポイント(8,420ポイント)

■2位[ - ]…D・メドベージェフ
8,230ポイント(8,410ポイント)

■3位[ - ]…A・ズベレフ(ドイツ)
7,465ポイント(7,195ポイント)

■4位[ - ]…R・ナダル(スペイン)
6,935ポイント(7,115ポイント)

■5位[ - ]…S・チチパス(ギリシャ)
5,980ポイント(5,980ポイント)

■6位[ - ]…M・ベレッティーニ(イタリア)
4,945ポイント(4,945ポイント)

■7位[ - ]…C・ルード(ノルウェー)
4,110ポイント(4,380ポイント)

■8位[ - ]…A・ルブレフ
3,865ポイント(4,375ポイント)

■9位[ - ]…F・オジェ アリアシム(カナダ)
3,625ポイント(3,625ポイント)

■10位[ - ]…C・ノリー(イギリス)
3,440ポイント(3,440ポイント)