2回戦進出のダニエル太郎
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのセルビア・オープン(セルビア/ベオグラード、クレー、ATP250)は19日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク104位のダニエル太郎が同78位のD・ラヨビッチ(セルビア)を2-6, 6-1, 7-6(7-2)の逆転で破り、2年連続で2回戦に進出した。

>>ジョコビッチvsジェレ 1ポイント速報<<

>>バルセロナOP 組み合わせ<<

予選を勝ち上がったダニエルは、昨年の同大会ではラッキールーザーで本戦に出場し、約2年8カ月ぶりとなる自身3度目のツアーベスト4進出を果たしていた。

ダニエルは下部大会での対戦も含めて過去4戦全敗のラヨビッチに対して、第1セットでは2度のブレークを許して33分で先取されるも、第2セットでは第4、第6ゲームでブレークに成功して1セットオールとする。

迎えたファイナルセット、互いに2度ずつブレークを奪ってタイブレークに突入すると、ダニエルが3度のミニブレークに成功して2時間49分の熱戦を制した。

ダニエルは試合後に自身のInstagramを更新し、「なんという試合を戦い抜いたんだろう。このポイントは、純粋に直感と運だった」と、ファイナルセットのタイブレーク3-2の場面で、ラヨビッチのスマッシュをハーフバウンドで返してウィナーを決めたポイントの動画とともに投稿した。

勝利したダニエルは2回戦で世界ランク72位のH・ルーネ(デンマーク)と対戦する。ルーネは1回戦で第5シードのC・ガリン(チリ)を6-3, 6-1のストレートで下しての勝ち上がり。

また第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が20日に行われる2回戦に登場し、世界ランク50位のL・ジェレ(セルビア)と対戦する。

この投稿をInstagramで見る

Taro Daniel(@tarodaniel)がシェアした投稿


>>ダニエル太郎 Instagram<<