ドミニク・ティーム
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで世界ランク54位のD・ティーム(オーストリア)は20日、自身のインスタグラムを更新し、19日に行われたセルビア・オープン(セルビア/ベオグラード、クレー、ATP250)のシングルス1回戦について振り返った。

>>ジョコビッチvsジェレ 1ポイント速報<<

>>バルセロナOP 組み合わせ<<

世界ランク80位のJ・ミルマン(オーストラリア)に3-6, 6-3, 4-6で敗れたティームは「今日は予定通りにはいかなかったけれど、それでもポジティブな一日だったね。今日の試合は、あまり期待せずに始めたのけど、いつも通り、自分のできることはすべてやった。コートに立ったときは、正直とても嬉しかった」と投稿した。

「チャレンジであり、本物の試合だった。そして、それがこの数カ月間、僕が目指してきたもの。失敗から学び、個人の目標を達成するためにすべてを捧げ続けなければならない。それこそが、僕がこれからやろうとしていることであり、追い求め続けることだ」

「今のところ、僕は自分の状況に満足している。健康で、練習もでき、ツアーにも参加できる。今日、そしてここ数日、僕を応援してくれたすべての人に感謝している。僕にとって、とても大切なこと」

元世界ランク3位のティームは昨年6月に右手首を負傷しツアーを離脱。今年3月のエニーテック365・アンダルシア・オープン(スペイン/マルベーリャ、クレー、ATPチャレンジャー)で9か月ぶりの復帰戦を迎えたものの1回戦で世界ランク195位のP・カチンに3-6, 4-6のストレートで敗れ、初戦敗退となっていた。


View this post on Instagram

A post shared by Dominic Thiem (@domithiem)



>>ティームのインスタグラムはこちら<<