2021年の望月慎太郎
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのアグアスカリエンテス・チャレンジャー(メキシコ/アグアスカリエンテス、クレー、チャレンジャー)は19日、1回戦が行われ、世界ランク431位の望月慎太郎が世界ランク359位のサンティラン アキラ(オーストラリア)を6-3, 6-2のストレートで破り、初戦突破を果たした。

>>ジョコビッチvsジェレ 1ポイント速報<<

>>バルセロナOP 組み合わせ<<

予選決勝で世界ランク408位のM・サシクマル(インド)をストレートで破り、今季の初戦となった1月のオープン・キンペール・ブリュターニュ・オキシデンタル(フランス/キンペール、ハード、ATPチャレンジャー)以来 約3か月ぶりに本戦出場を果たした望月。

この試合の第1セットでは第1ゲームでいきなりブレークに成功。その後は8度のブレークポイントを凌ぐと第9ゲームで再びブレークを奪って先行する。第2セット、ファーストサービスが入った時に85パーセントの確率でポイントを獲得した望月。第2・第8ゲームでブレークに成功し、1時間10分で勝利した。

勝利した望月は2回戦で第2シードのN・ジャリー(チリ)と対戦する。ジャリーは1回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場しているD・バルデラス(メキシコ)を6-3, 6-0のストレートで下しての勝ち上がり。