エマ・ラドゥカヌ
画像提供:Getty

女子テニスのポルシェ・テニス・グランプリ(ドイツ/シュトゥットガルト、レッドクレー、WTA500)は21日、シングルス2回戦が行われ、第8シードのE・ラドゥカヌ(イギリス)が世界ランク118位のT・コルパッチ(ドイツ)を6-0, 2-6, 6-1のフルセットで破り、今季初のベスト8進出を果たした。

>>ジョコビッチvsハチャノフ 1ポイント速報<<

>>ダニエル 太郎vsルブレフ 1ポイント速報<<

今大会の1回戦で世界ランク197位のS・サンダース(オーストラリア)をストレートで破ったラドゥカヌ。この試合の第1セットではファーストサービスが入った時に90パーセントの高い確率でポイントを獲得。1ゲームも与えることなく先行する。

しかし、第2セット、第3ゲームでこの日初のブレークを許す。直後の第4ゲームでブレークチャンスを握るも活かせず、第7ゲームで再びブレークを許してセットカウント1−1に追いつかれる。迎えたファイナルセットでは序盤で3ゲームを連取したラドゥカヌ。第6ゲームでもブレークに成功して1時間39分で勝利した。

女子テニス協会のWTAは公式サイトにラドゥカヌのコメントを掲載し「第1セットで試合をコントロールすることができた。その後、彼女(コルパッチ)が本当にいいテニスをし始めて、私は少しレベルを落としてしまったかもしれない。彼女はそれをうまく利用した。第3セットに向けて立て直せたことが、一番うれしかったことよ」と語った。

勝利したラドゥカヌは第1シードで世界ランク1位のI・シフィオンテク(ポーランド)と対戦する。シフィオンテクは2回戦で同342位のE・リス(ドイツ)を6-1, 6-1のストレートで破っての勝ち上がり。

次戦についてラドゥカヌは「もちろん、彼女は絶好調なのでいい試合をするには、私のレベルが非常に高くなければならない。でも、とても楽しみよ。彼女は世界NO.1だし、最近の大会ではすべて優勝しているから、(対戦するのに)プレッシャーは感じないわ」と述べた。

同日には第2シードのP・バドサ(スペイン)、第3シードのA・サバレンカ、第4シードのM・サッカリ(ギリシャ)、第7シードのO・ジャバー(チュニジア)、世界ランク31位のL・サムソノヴァが8強に駒を進めている。