ラファエル・ナダル(BNPパリバオープン)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで世界ランク4位のR・ナダル(スペイン)は21日、自身が運営するラファ・ナダル・アカデミーのSNSを通じて、クレーコートでラリーをする動画を公開した。

>>ジョコビッチ準決勝 1ポイント速報<<

>>バルセロナOP 組み合わせ<<

35歳のナダルは今季、1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では決勝でD・メドベージェフを破り、2009年以来13年ぶり2度目の優勝を果たすとともに、史上最多となる四大大会21勝目を飾った。

2月のアビエルト・メキシカーノ・テルセル・HSBC(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)でタイトルを獲得。その後、3月のBNPパリバ・オープンでは無敗の20連勝で決勝に進出したものの、T・フリッツ(アメリカ)に敗れ、準優勝となった。

その後、先月22日に肋骨の疲労骨折を報告し、4週間から6週間の休養を余儀なくされることを明かし、現在行われているバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)を欠場。

18日にナダルは自身のSNSを通じて「4週間ぶりにテニスコートに足を踏み入れた。今日は初の軽めのトレーニングだ。コートに戻るのがとても楽しみだ」と投稿し、練習を再開したことを明らかにしていた。

21日、ラファ・ナダル・アカデミーのTwitterでは、クレーコートでラリーをするナダルの動画が公開された。


>>Rafa Nadal Academy Twitter<<