ノヴァーク・ジョコビッチ
画像提供:Getty

男子テニスのセルビア・オープン(セルビア/ベオグラード、クレー、ATP250)は23日、男子シングルス準決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第8シードのK・ハチャノフを4-6, 6-1, 6-2で破り、今大会3試合連続の逆転勝ちで今季初の決勝進出を決めた。

>>ジョコビッチvsルブレフ決勝 1ポイント速報<<

>>バルセロナOP 組み合わせ・結果<<

今大会、2回戦と準々決勝をフルセットの末に逆転勝利で辛くも勝ち上がってきたジョコビッチ。ハチャノフとは7度目の顔合わせで、ジョコビッチの5勝1敗。直近では2月に開催されたドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)の2回戦で対戦し、ジョコビッチがストレート勝ちをおさめている。

第1セット、ジョコビッチはオープニングゲームをブレークされ、追う展開に。互いにサービスキープが続いて迎えた第10ゲーム、ジョコビッチはこの試合初のブレークポイントを掴むも決めきれず。最後はジョコビッチのドロップショットがネットにかかり、ハチャノフが第1セットを取る。

第2セット、ギアの上がったジョコビッチは第4ゲームでブレークに成功すると、第6ゲームもハチャノフのサービスゲームを破り、わずか30分で1セットオールとする。

ファイナルセット、地元観客の大声援とともに勢いに乗るジョコビッチは第1、第5ゲームでブレークを奪い、このリードを守って決勝への切符を手にした。

ジョコビッチは新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)をはじめ、アメリカで開催されたマスターズシリーズの出場が叶わず、今大会が今季3大会目。

2月のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)でベスト8、先週まで開催されていたロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)では2回戦敗退に終わっており、ジョコビッチは今季初の決勝進出を果たした。

ジョコビッチの決勝進出は、2021年11月のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)以来、5ヶ月ぶりのこと。

同大会で11年ぶりの優勝を狙うジョコビッチは、決勝で第2シードのA・ルブレフと対戦する。