アリナ・サバレンカ
画像提供:Getty

女子テニスのポルシェ・テニス・グランプリ(ドイツ/シュトゥットガルト、レッドクレー、WTA500)は23日、シングルス準決勝が行われ、第3シードのA・サバレンカが第2シードのP・バドサ(スペイン)を7-6 (7-5),6-4のストレートで破り、2年連続の決勝進出を決めた。

>>ジョコビッチ決勝 1ポイント速報<<

>>バルセロナOP 組み合わせ<<

第1セット、互いに1度ずつのブレークを奪い、タイブレークに突入。サバレンカが競り勝ち、1時間1分で先行する。

続く第2セット、第1ゲームでサバレンカが先にブレークを許したものの、第2・第10ゲームでブレークに成功し、1時間40分で勝利した。

サバレンカは決勝で第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)と世界ランク31位のL・サムソノヴァのどちらかと対戦する。