マイアミOPでの西岡良仁
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、ATP250)は23日、シングルス予選1回戦が行われ、第2シードの西岡良仁が世界ランク199位のM・マーテラー(ドイツ)を6-2, 6-2のストレートで破り、予選決勝進出を果たした。

>>ジョコビッチvsルブレフ決勝 1ポイント速報<<

>>バルセロナOP 組み合わせ・結果<<

4月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)では初のベスト16進出を逃した西岡。この試合の第1セット、序盤で2度のブレークに成功し3ゲームを連取。第4ゲームでこの日初のブレークを奪われるも直後の第5ゲームでブレークに成功し先行する。

第2セットではファーストサービスが入った時に74パーセントの確率でポイントを獲得。第3・第5ゲームでブレークに成功すると直後の第6ゲームで4度のブレークポイントを凌ぎ、1時間26分で勝利した。

勝利した西岡は予選決勝で第8シードのY・ハンフマン(ドイツ)と対戦する。ハンフマンは1回戦で世界ランク135位のE・イメル(スウェーデン)を6-3, 6-4のストレートで破っての勝ち上がり。

本戦大会の第1シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第2シードはC・ルード(ノルウェー)、第3シードはR・オペルカ(アメリカ)、第4シードはN・バシラシヴィリ(ジョージア)、第5シードはC・ガリン(チリ)、第6シードはD・エヴァンス(イギリス)、第7シードはM・キツマノビッチ(セルビア)、第8シードはB・ファン・デ・ザンスフルプ(オランダ)。上位4シードは1回戦免除のため、2回戦からの登場。