バルセロナOPの4強に出揃った選手
画像提供:Getty

男子テニスのバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)は23日、シングルス準決勝の2試合が行われたが、雨天によりプレーが中断。両試合とも24日に延期となった。

>>ジョコビッチvsルブレフ決勝 1ポイント速報<<

>>バルセロナOP 組み合わせ・結果<<

準決勝の2試合は日本時間24日の18時(現地時間24日の11時)に開始予定であり、決勝は日本時間24日の23時(現地時間24日の16時)以降に開催される。

準決勝の対戦カードは、第5シードのC・アルカラス(スペイン)と第10シードのA・デ ミノー(オーストラリア)、第6シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)と第8シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)となっており、両試合とも第4ゲームを終えてゲームカウント2-2となっている。

今大会では大会5日目の22日にも、前日雨天順延により3回戦と準々決勝が、ダブルヘッダーで行われた。