ノヴァーク・ジョコビッチ
画像提供:Getty

男子テニスのセルビア・オープン(セルビア/ベオグラード、クレー、ATP250)は24日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は第2シードのA・ルブレフに2-6, 7-6(7-4), 0-6で敗れ、今季初優勝を飾ることはできなかった。

>>バルセロナOP 組み合わせ・結果<<

世界ランク1位のジョコビッチは今大会、準決勝で第8シードのK・ハチャノフを4-6, 6-1, 6-2の逆転で下し、3試合連続の逆転勝利で決勝に進出。一方、同8位のルブレフは準決勝で第6シードのF・フォニーニ(イタリア)を6-2, 6-2のストレートで下し、決勝進出を決めた。

両者は2度目の顔合わせで、前回は2021年11月のNitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)で対戦し、ジョコビッチが6-3, 6-2のストレートで勝利している。

同大会で11年ぶり3度目の優勝を狙うジョコビッチは第1セット、好調な滑り出しを見せるも第5ゲームで先にブレークを許すと、第7ゲームもサービスキープができず。4試合連続で第1セットを落として追いかける展開になる。

第2セット、ジョコビッチが第2ゲームでブレークに成功するも、ルブレフは第3ゲームですぐさまブレークバック。互いにサービスキープを続けて迎えた第10ゲームでジョコビッチは2度のセットポイントを掴むも決めきれず。ジョコビッチは第12ゲームでもセットポイントを2度握るも、ルブレフがキープをしてタイブレークに突入する。

タイブレークに入ると、ジョコビッチが先にミニブレークに成功して3ポイントを連取し、リードを守って1セットオールとする。

ファイナルセット、逆転勝ちを狙うジョコビッチだったが疲労を隠せず。ルブレフに6ゲーム連取を許した。

ジョコビッチは新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)をはじめ、アメリカで開催されたマスターズシリーズの出場が叶わず、今大会が今季3大会目。

2月のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)でベスト8、先週まで開催されていたロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)では2回戦敗退に終わっており、2021年11月のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)以来、5ヶ月ぶりのタイトル獲得はならなかった。

勝利したルブレフは、2月のオープン13・プロヴァンス(フランス/マルセイユ、室内ハード、ATP250)とドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)に続く、今季3度目の優勝をおさめた。