西岡良仁
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、ATP250)は24日、シングルス予選決勝が行われ、第2シードの西岡良仁が第8シードのY・ハンフマン(ドイツ)を7-5, 6-7 (5-7), 6-4のフルセットで破り、本戦出場を決めた。

>>バルセロナOP 組み合わせ<<

西岡はこの日、ファーストサービス時に73パーセントの確率でポイントを獲得。1度もブレークを許さず、51分で第1セットを先取。

第2セットでは、両者は1度ずつのブレークを奪い、タイブレークに突入すると3度のミニブレークを許し、1時間1分で1セットオールに追いつかれる。

迎えたファイナルセット、序盤で2ゲーム連取に成功した西岡は第5ゲームでブレークに成功し2時間41分で本戦入りを決めた。

勝利した西岡は本戦1回戦で世界ランク73位のE・ルースブオリ(フィンランド)と対戦する。

同日には第5シードのJ・レヘチカ(チェコ)と世界ランク155位のE・ゲラシモフが本戦1回戦へ駒を進めた。