イガ・シフィオンテク
画像提供:Getty

女子テニスのポルシェ・テニス・グランプリ(ドイツ/シュトゥットガルト、レッドクレー、WTA500)は24日、シングルス決勝が行われ、第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)が第3シードのA・サバレンカを6-2, 6-2のストレートで下し、マッチ23連勝で4大会連続優勝をおさめた。翌日、シフィオンテクはSNS上でその心境を明かした。

世界ランク1位のシフィオンテクはインスタグラム上で、「疲れたけど、とても幸せ。(今季)4連覇なんて、信じられないわ。ここシュツットガルトとポーランドのチームと家族に感謝している。今は休んで、それからまた仕事に戻って次に集中しなければならない。この1年本当に感謝している。ハードワークが実を結び、自分の居場所を見つけたとき、それは素晴らしいこと」とつづった。

20歳のシフィオンテクは決勝の一戦で、世界ランク4位のサバレンカに対し付け入る隙を与えず。サービスゲームを全てキープし、4度のブレークに成功して1時間24分で勝利。

2月のカタール・トータルエナジーズ・オープン(カタール/ドーハ、 ハード、WTA1000)、3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)とマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)に続く、今季4度目のツアータイトルを獲得した。

また、ここ3ヶ月間負けなしの女王シフィオンテクは、連勝記録を2021年の大坂なおみに並ぶ23連勝に伸ばした。

【2000年以降の連勝記録】
1.V・ウィリアムズ(アメリカ) 35連勝(2000年)
2.S・ウィリアムズ(アメリカ) 34連勝(2013年)
3.J・エナン(ベルギー)32連勝(2008年)
4.S・ウィリアムズ 27連勝(2015年)
5.V・アザレンカ 26連勝(2012年)
6.S・ウィリアムズ 25連勝(2014年)
7.J・エナン 24連勝(2005年)
7.V・ウィリアムズ24連勝(2002年)
9.シフィオンテク 23連勝(2022年)
9.大坂なおみ 23連勝(2021年)


この投稿をInstagramで見る

Iga Świątek(@iga.swiatek)がシェアした投稿



>>シフィオンテクのインスタグラム<<