アリナ・サバレンカ
画像提供:Getty

女子テニスで世界ランク4位のA・サバレンカは25日、自身のインスタグラムを更新し、前週行われたポルシェ・テニス・グランプリ(ドイツ/シュトゥットガルト、レッドクレー、WTA500)の1週間を振り返った。

23歳のサバレンカは同大会の2回戦でB・アンドレースク(カナダ)、準々決勝でA・コンタベイト(エストニア)、準決勝でP・バドサ(スペイン)を破った。決勝ではI・シフィオンテク(ポーランド)にストレートで敗れたものの、2年連続の準優勝を飾った。

サバレンカは投稿で「シュトゥットガルトでのポジティブな1週間だった。ポルシェテニスの皆さん、素晴らしい1週間をありがとう。ここでプレーしている間は、とても楽しかった!また来年会いましょう!そして、もっといいプレーができることを願っている」とつづった。


View this post on Instagram

A post shared by 𝗔𝗥𝗬𝗡𝗔 𝗦𝗔𝗕𝗔𝗟𝗘𝗡𝗞𝗔 🐯🎾❤️ (@sabalenka_aryna)



>>サバレンカのインスタグラムはこちら<<