パブロ・カレノ=ブスタ
画像提供:Getty

男子テニスのバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)は24日、シングルス決勝が行われ、第8シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)は第5シードのC・アルカラス(スペイン)に3-6, 2-6のストレートで敗れ、大会初優勝を逃した。翌日、カレノ=ブスタはSNS上で改めて同一戦を振り返った。

「最高の形で終わることはできなかったけど、忘れられない1週間だった。たくさんの努力、たくさんの感情、バルセロナ・オープンは決して期待を裏切りない。カーリト(アルカラス)、おめでとう」

この結果により、25日付けのATP世界ランクで1つ上げて、18位に浮上した。また、今季の成績は15勝8敗となっている。


View this post on Instagram

A post shared by Pablo Carreño (@pablo_carreno_)



>>カレノ=ブスタのインスタグラムはこちら<<